Responsive image

総合企画本部
営業支援グループ 営業支援チーム

総合企画本部は、主に営業部のバックアップや営業戦略の推進管理を行う「営業支援グループ」と、経営分析やシステム管理を行う「経営管理グループ」に分かれています。営業支援グループでは、具体的には、会社ホームページの作成や更新などの管理業務、コーポレ―トヴィジュアルの管理、営業社員が使うプレゼンテーション資料や会社パンフレットなどの販促物の作成といった営業効率が上がるようなサポートを行っています。その他にも、営業戦略や出退店戦略の立案、実施、検証をしています。経営管理グループでは、営業拠点や各部署の予算に対する売上や各施策の進捗状況をまとめ、各部署の営業状況や課題を把握し、事業全体の予算達成に向けたデータ分析及び施策支援を行っています。

担当業務

現在は、販促物の制作を担当しています。新体制となり、新しいブランドができました。それに伴い、ホームページやパンフレット、車両のイメージなど全てが一新され、それを随時、修正・変更しています。具体的には、Photoshopやillustratorを使用して、デザインをしています。私は、大学時代にデザインの勉強をしており、就職活動もそういったスキルが活かせて伸ばすことができるような会社に就職したいと思っていました。ロジクエストと縁があり、入社時からそのような業務をすることができています。仕事の割合は、8割は社内でパソコンを使った作業を行っていますが、2割はホームページやパンフレットの素材撮影や出張などで外出しています。

  • 1日のスケジュール
  • 09:00 朝礼
  • 09:10 メールチェック
  • 09:30 業務内容の打ち合わせ
  • 10:00 社外にて撮影取材(会社パンフレット)
  • 12:00 昼食
  • 13:00 社外にて撮影取材(会社ホームページ)
  • 16:00 社内にて編集作業
  • 17:30 業務報告
  • 18:00 退社

仕事のやりがい

ホームページやパンフレットなど、自分が関わったものが形になるのことが嬉しく、やりがいを感じます。学生時代はもっとillustratorを使えると自信があったのですが、いざ仕事となると、スピードやクオリティが自分の満足するレベルには至っていないと感じました。これからはスピードとクオリティを高めていければ、自分のスキルアップにもつながり、やりがいも更に上がってくると思います。また、社内での作業だけではなく、取材や写真撮影の為、色々な支店に外出したり、出張に行くこともありますので、色々な現場を体験できて日々充実しています。

直近3年の目標

入社してまだまだ日が浅いので、スキルや業界知識が不足していると日々感じますが、会社の事や業界の事をどんどんと学んでいき、先輩に聞かなくても自分で答えられるようになりたいと思っています。他にも、会社の特徴的なロゴがあるので、それを使った営業用ノベルティを企画したり、PowerpointやExcelなどのオフィス系のPCスキルも高めていきたいです。

入社前、入社後のギャップ

入社前はすごく硬いイメージがあったのですが、実際に入ってみると社内がにぎやかで驚きました。また、仕事の流れはとても速く、納期が決まった仕事がある中で、急ぎの案件が入ることも多く、優先順位をつけながら各部署からの依頼に対応できるようにならないといけないと感じています。そんな中でも、上司や先輩が助けてくれるのでとても安心しています。

部署、職場の雰囲気は

総合企画本部は男性が多く、年齢も一回り以上も上の方が多いですが、新入社員の私にも気さくに話しかけていただいて、先輩方にすごく良くしてもらっています。直属の先輩社員は経験も長く、illustratorなどのスキルもあり、学ぶことが多いです。
また、他部署には同期入社の女性も多く、お昼の時間が合う時はランチに行ったり、社内で一緒にお弁当を食べたりもします。

どんな人と働きたいか

今の部署は、形の無い段階から色々企画していき実際の形にしていく作業が多く、柔軟な発想やアイデアが求められます。そんな中で、会議などを通してアイデア出しをすることも多いのですが、そういった奇抜な意見も否定せずに前向きに考えていける人、チャレンジ精神あふれる人と一緒に働いていきたいと思います。

現在活動中の就職活動生にメッセージ

就職活動中はやりたいことを求めてかなり苦労したのですが、本当に辛い時は一旦休んでも良いと思います。私はデザイン系の仕事に就きたく、広告やゲーム業界を中心に就職活動をしていたのですが、難しいデザインの実技試験を実施する企業が多く苦労しました。最終的に当社と縁があり、現在は希望している仕事に就くことができました。諦めなければ就職活動は成功しますので、息抜きをしながら自分の夢を追いかけて下さい。