日々のメンテナンス

やろうよメッセンジャー!

1日に100km以上を走行することもあるメッセンジャーにとって、自転車のメンテナンスも業務の一部といえます。

壊れてから直すのではなく、故障しないようにメンテナンスをすることが何よりも大切です。

ここでは、メッセンジャー達がどのように自転車をメンテナンスしているかを紹介します。

■チェーンクリーニング

日々のメンテナンスで1番頻度が高いのは、チェーンの清掃です。チェーンに付着したゴミや汚れ、油切れは劣化を早める要因になります。デリバリー中にチェーンが急に切れることがないよう、また、出来るだけチェーンを長持ちさせるためにも、こまめに行う必要があります。

1

■注油

チェーンは放っておくと、錆や汚れで異音がしたり、漕ぎが重くなる原因になります。ですので、迅速なデリバリーを維持するために注油は欠かせません。クリーナーでピカピカにした後に、写真のようにグリスを注油します。注油後のペダリングはとてもスムーズになり、気分も上がります!グリスにはたくさん種類があるので、いろいろ試してみるのも良いと思います。

2

■ブレーキシューの交換

ブレーキシューはメッセンジャーの命にも関わる大事な部分です。 ブレーキシューが磨耗してしまうと、ブレーキの効きが悪くなりとても危険です。磨耗具合は外から確認ができるので、使用不能になる前にかならず交換をしましょう。また、異物などが付着しているとリムをダメにしてしまいますので、定期的に掃除をしましょう。

3

■タイヤ交換

メッセンジャーの自転車はタイヤの磨耗が激しいので、定期的な交換が必要です。すり減ったタイヤでは、ブレーキの効きも悪く、パンクもしやすくなります。デリバリー中にパンクをしてしまうと、時間をロスするだけでなく、持っている荷物を他のメッセンジャーにパスしなければならないケースになることもあります。 日々の点検を怠らないようにしましょう。

4

■リム掃除

リムはブレーキの設置面なので、ブレーキシューの削りカスなどが付着し、特に雨の日のデリバリー後は汚れやすいです。 掃除を怠ると音鳴りや、シューの寿命を縮める原因にもなってしまいます。掃除は、写真のようにペーパーやウエスにクリーナーを染み込ませて汚れを拭き取ります。ホイールを長持ちさせるためにも、リムの掃除は欠かせません。見た目的にも、ピカピカな状態が理想ですね!

5

■ホイールの振れ取り

この作業は、日常的にすることではないですが、とても大事なメンテナンスのひとつです。「振れ」とは、ホイールを回転させて、後ろや正面から見たときに、左右にふわふわと移動するような状態のことを言います。写真のように振れ取り台とニップル回しを使って、スポークを調整することでより真っ直ぐに付けられます。

6

■体のメンテナンスも

自転車のメンテナンスと同様に、身体のメンテナンスも同じく重要です。 食事・睡眠・休養は大前提として、筋トレをしたり、 必要に応じて整体院を利用しているメッセンジャーもいます。 身体が万全でないと、事故や誤配の原因にもなってしまします。 元気な身体でさわやかな笑顔をお客様にも見せてあげてください!

7